審査に反映されるのは基本的に前年度の収入

借入をするにあたってまず気になるのは「いくらまでなら借入できるか」ということでしょう。この“いくらまでなら借りられるか”ということは、限度額がいくらに設定されるかによって変わってきます。

 

ここでは、そんな限度額について簡単にご説明していきますね。では早速…この限度額は、一体どのようにして決められているのでしょうか。

 

限度額はどうやって決められるの?

限度額は、借入をする際にわたしたちが受ける金融機関の審査によって決められます。

 

金融機関は、わたしたちが申込時に提示する個人情報(収入証明書など)と、カード会社などと共通利用されている情報とを照らし合わせながら審査を行い、個人の信用度を判断し借入限度額を設定していくのです(信用度が高いほど借りられる金額は多くなる)。

 

なお、限度額を決めるにあたりチェックされているのは、主に以下のポイント。

 

  • 年収(消費者金融の場合:年収の3分の1以上の借入は不可能)
  • 信頼度(過去の借入・返済履歴/カードなどの利用歴/他社からの借入状況/仕事など)

 

ちなみに、審査に反映されるのは基本的に前年度の収入。また、収入がある程度高い人でも、過去の借入において遅延・延滞がある場合や、過去に利用したことのない金融機関での借入においては審査が厳しくなり、まとまった額の借入が難しくなる傾向にあることは覚えておくと良いでしょう。

 

限度額が決められるのはナゼ?

「借入限度額があるから自由に借入できなくて不便だ」と思った経験がある方は多いはず。

 

ですが、この借入限度額…借入利用者にとって、決して悪いものではないのです。

 

むしろ、限度額は利用者にとって“良い仕組み”!“限度額”は、借入利用者が返済地獄に陥るのを防ぐための仕組といっても過言ではないのです。もしも限度額がなかったらどうなるでしょう?際限なく借入ができるとなれば…自分の返済能力を超える借入をしてしまう人が増えるはず。

 

「希望する額の借入が自由にできたら理想的だ!」などと思う方もあるかもしれませんが、返済能力以上の借入を抱えた生活は大変です。返済はなかなか進まず、利息で借金は膨らみ、借金返済のために生活はどんどん苦しくなっていくことに……。

 

そうした事態に陥るのを防いでくれる仕組が「限度額」。借入が思うようにできず不便だと感じる方もあるでしょうが、この「限度額」というシステムは、利用者を借金地獄から守るための“借入利用者にやさしい仕組”なのです。

 

まとめ

 

「限度額設定」の仕組とメリットは、理解していただけましたか?「限度額がなければもっと借入が楽なのに…」と、この仕組を疎ましく思ったことがある方は多いことでしょう。

 

ただし、一見厄介なものに思われがちな「限度額」というシステムは、上述の通り、むしろ私たち借入利用者の生活を守ってくれるもの!だからこそ、限度額のことを正しく理解していただきたいのです。

 

「限度額」のことを正しく理解し、味方につけることができれば、より快適に借入生活を送ることができるはずですよ!

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日