キャッシングするに至った原因もすべて自己責任であることを自覚

キャッシングは自己責任です!誰のせいでもありません!

キャッシングは借入から返済まで最後まで全て自分の責任です。誰かに勧められてするわけでもありませんし、万が一勧められてキャッシングしたとしても、それも自分の責任でしたことです。他人には一切責任はありません。一番多いのはやむを得ない理由ではなく、趣味のためのキャッシングです。本人が我慢すれば良いことです。キャッシングするに至った原因もすべて自己責任であることを自覚しましょう。

 

働いたことがあればわかることですが、日々たくさん働いたとしても、それほど多くの給料はもらえません。ただ、地道に休まずに勤務日数分働いていれば、確実に給料をもらえます。さらに有給休暇もありますから、それなりに安定しているはずなのにお金がなくなるのはどうしてでしょう。

 

それは、もちろん自分がお金を使っているからです。家賃や食費、光熱費など毎月の固定費は仕方がないとしても、交際費や飲み代など遊びのための出費も多くなります。また、何か凝っている趣味などがあれば、趣味のための出費もかさむはずです。そして、人とのつきあいが多い社交的な人の場合は、毎晩のように飲み歩くことでお金もどんどん出ていくかもしれません。

 

お金が足りなくなると、我慢のできる人や預貯金のある人以外は安易にキャッシングをします。キャッシングはどこでもすぐにできるので気軽にできるのでしょう。親兄弟から借りるということもできるのでしょうけど、身内とはいっても迷惑がかかり、そして負い目を感じてしまい家族関係が気まづくなることも多いでしょう。その点キャッシングはカードさえあればコンビニなどで素早く誰にも気を遣わずお金を借りることができます。保証人や連帯保証人もつける必要はありませんから、最終的に責任をとるのは当然自分ということになります。

 

利息の返金が許されたのは過払い金返還請求だけ

どんな理由があったとしても、キャッシングは自己責任です。お金がなくても他人の責任ではありませんし、働いてお金を稼ぎ返済するしかありません。

 

また、返済ができなくなったら資産を処分して返済するということもできます。例えば、自動車や自宅などの資産を売却し、そのお金でキャッシングの借金を返済する例もあるのです。

 

また、利息なども自分の責任で理解しきちんと払わなくてはなりません。借入金の返済を長く続けていると、利息が無駄に多くなってしまいます。後から利息を払いすぎたからといって返してほしいと言っても、それには過払い金返還請求の手続きが必要です。

 

それが面倒だというのであれば、早く借入金を返済して利息の支払いを減らすようにするのが最善の方法です。利息の支払いも結局は本人が支払いをコントロールしますから、利息を多く払って損をするかどうかも自己責任なのです。何も知らずにいると大きな損をすることがありますから、自分できちんとキャッシングについて学んで上手に利用しましょう。

 

  • お金の借入は全て自己責任です!!
  • キャッシングは保証人不要ですから保証人を頼れません!
  • 分相応な生活にして無駄遣いのないように気をつけましょう!

 

まとめ

どんな事でも自分の責任を他人のせいにする人がいますが、消費者金融からの借金なんて返さなくても良いなどと思っている方も多いようです。

 

もちろん、過払い金の返還請求の権利は誰にでもありますが、借金はきちんと返すのが常識ではないでしょうか?借金を返す努力を何もせずに踏み倒す手段ばかり考えるのは絶対にやめなければいけません!

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日