提出書類は人によっては増えるので要確認!

キャッシングには本人確認書類が必要

銀行カードローン、消費者金融に共通して、必ず必要になる書類は本人確認書類です。本人確認書類として一番身近なのが運転免許証になります。

 

免許証は普段携帯している事が多いですから、急な必要にも使えて安心です。普段から持ち歩いているものではないかもしれませんが、その他にはパスポートや保険証、住民票等でも大丈夫です。

 

いくら審査に通過しても、本人確認書類がないとその先の契約手続きに進む事ができなくなります。キャッシングの必要に関わらず、普段から身分証明書は持っておくと便利です。

 

とにかく急ぎたい!口コミで選ばれている最速キャッシングはここ!
アコム プロミス

▲アコムのページヘ

▲プロミスのページヘ

 

収入証明書はケースによって

収入証明書は必ず提出しなければならないわけでもありません。だたし、金融会社よっては必ず提出する事になっているところもあります。消費者金融で絶対に必要になるのが、借り入れの希望限度額が50万円以上、他社での借り入れと希望限度額の合計が100万円以上になる場合です。

 

銀行のカードローンだと、消費者金融とは適用される法律が違うので300万円までは収入証明書の提出をしなくても大丈夫です。一方で消費者金融は、貸金業法で決められたルールがあって、収入の3分の1以上の融資はできない事になっているので、収入証明書でしっかりと確認をとる必要があるのです。

 

サラリーマンや公務員

収入証明書類としては、会社員などの給与所得者であれば源泉徴収票が一般的です。それ以外にも最低で直近2カ月分の給与明細書等でも書類として認められます。

 

自営業、個人事業主

自営業や個人事業主の場合は、希望限度額の大小に関係なく収入証明書の提出が必要になります。

 

即日キャッシングの審査の場合、収入の額の大きさよりも、安定的な収入があるかどうかが重要視されます。学生やパートでも借り入れができるのはそのためで、わずかな収入でも毎月あるのであれば審査に通る事が可能なのです。そのかわり、限度額は低い設定になる事がほとんどになります。

 

自営業や個人事業主は、給与所得者よりも収入が安定していないと見なされてしまうので、それなりに安定していたとしてもきちんとした書類での証明がどうしても必要になります。より確実に融資を受けたいのであれば、過去何年か分の確定申告書を準備しておく事をおすすめします。

 

インターネットで書類を提出できる

どの金融機関も、ホームページからWEBでの申し込みが可能になっています。条件によっては即日の振り込みにも対応していて、自宅にいながら全ての手続きを終わらせる事ができます。スマートフォンからでももちろん可能なので、書類さえ整えば外出先でも大丈夫です。

 

平日の14時までか、所定の口座を所有していればいつでも振り込みが可能なので、なるべく早い時間帯に申し込みをすればインターネットで契約を完結しても即日融資を受けられる可能性が高いです。本人確認書類や収入証明書の提出も、インターネットから全て行う事ができます。その場合はカメラで撮った画像をフォームにアップロードして送信するか、スマートフォンの専用アプリを使用してやはり画像を送信するかの方法があります。

 

パソコンやスマートフォンの操作が苦手であれば、書類の提出は自動契約機や窓口、FAXでもできますのでそちらを利用してください。インターネットや電話での申し込みでその日にカードを受け取らなければ、後日郵送で自宅に届けられる事になりますが、早くカードが欲しいのであれば、店頭か自動契約機へ行けばすぐに受け取る事ができます。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日